Surfaceをもって野球場に行ってみよう~フォト機能で撮影動画をいじる

借りたsurface最終日の金曜日は、半休とってライオンズ本拠地メットライフドームにお邪魔。勤務先が二十三区になった>仕事を終えて通常観戦すると球場には7時過ぎて到着>行きにくい、ことから今年は本拠地開幕カードのみの観戦だった。このところ続く土曜出勤のあおりもあり、「じゃあもう半休とっていくしかない」と開場16時にドームに訪れた。理由は、ファイターズ「杉谷拳士選手のメットライフドームアナウンサー恒例のイジリ放送」を楽しむこと。尺は短いけれど、これはsurfaceの動画を回すにはうってつけの展開。16時に入場して今回はビジター席となる一塁側の内野S席に陣取って撮影を続けた。

f:id:taraco:20180525162956j:plain

長々と一時間余り、途中打撃練習の選手の確認をしたり、この日ポストカード配布ともなった山川穂高プロデュースのちゅんじゅくステーキ弁当を屠りながら、杉谷の登場を、待つ。「ファイターズの選手、打撃練習は残り10分です」,,,待つ。「終了となります」えっ?前回ファイターズ戦では出場選手登録が近くて打撃練習時間が不確定だからイジリ放送がなかったとは聞いていたが、今回も?今回もなの?さっきベンチ前にやってきたの杉谷じゃなかったっけ??

慟哭のツイートを投げると、やはり現地にいたライオンズファンも未確認だったようだ。しかも開場前にはこの日19歳のバースデーを迎えたという清宮幸太郎のバースデーアナウンスがあったとかなかったとか。俺の試合開始前2時間。

とはいうものの、試合開始前のほぐれた環境を見回すゆとり時間非常に気持ちよかったのも事実。近藤健介、やっぱりミート力あるな。あら、外国人選手?なんて体格の横尾選手の打撃練習、あ、稀哲が誰かと話している。アッキーがあいさつに来た、とか。

そしてLionsWi-Fiという無料Wi-Fi環境が整っているメットライフドーム、人口の低い練習時間帯はもう我が物顔でネット占有できて楽しめる。試合始まったらさすがにPCでの接続は厳しいのでスマホauWi-Fiに切り替えてたけど。

そして、その「いじられない」杉谷拳士、猛打賞、今季初盗塁、三年ぶりのホームラン、守ってはライト前を止める熱盛プレイ(実際に帰宅したら報道ステーションでこの日の活躍をすべて流していた)とこの日のヒーローインタビューを受ける活躍という落ち。

残された大量のビデオ、編集するのもおっくうだが、今回はわざわざ実験のためにとsurface抱えていったのだから「フォト」機能使用しての動画編集くらいは初チャレンジ。ちゅんじゅく弁当のシーンのみをトリミングして2つの動画にして、あとはお任せで選択したら機能が自動で動画を絞り出してくれたよ。作業は非常に簡単でものの5分で終了している。


ちゅんじゅく弁当@メットライフドーム

YouTubeにアップし、はてなブログYouTube貼り付けでURLを検索させるともう出てきた。早いな。これを挿入すればOK。

この日利用したソフトウェア

以上、5日間のsurfaceブログチャレンジ、欠かさずアップロードまで行えました。2年間毎週メルマガ発行は継続しているけれど、自分、やはり「習慣化」させてしまうことが大事のようね。図書館の締め切りで読書するし。今後はツールに引きずられるだけでなく、何かしらの習慣化を「発信分野」でも課していったほうがよさそうだ。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

v class="span-24">
Powered by WordPress | Designed by: video games | Thanks to Trucks and SUV