借りているSurfaceでやりたかった落書き

Surface借りてきた初日に「ランペイジ巨獣大乱闘」を観に行ったら、気になった役者ジェフリー・ディーン・モーガンの話の続き。

f:id:taraco:20180524202757p:plain

ウォッチメン」パンフレットをひきづりだしてつらつらと始めるWindowsInkでの落書き。テレビなどを見ながらよくノートにやっているやつだが、それをSurfaceで。ワークショップの際、専用ペンを使用することで指を接着して作業ができるこのSurface、気持ちよく落書きを開始した。気になったのはレイヤー機能がないようで色塗りに難があるところだろうか。思いつくままに筆を滑らせるのにそうした機能必要ない、と割り切るのも一考か。今、自分の頭の中に展開しているものを、場合によっては言葉でも入力する(そうした場合OneNoteに頼ることになるだろうけれど)ことも可能なツールはなかなかワクワクする。

ただ、やっぱり、共有の機能ではなく、公開するという観点においてはもう少しスムーズな方法はないのだろうか。金曜日にはマシンかかえてメットライフドームに野球観戦に行ってこようとたくらんでいるものの、うまいブログ公開までの流れは残念ながら作れそうにない。でも名物のファイターズ杉谷いじりのアナウンスなどを録音したり、やりたいことはやりきって、返却していきたい。

本日使用したアプリ

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

v class="span-24">
Powered by WordPress | Designed by: video games | Thanks to Trucks and SUV
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。