MP860のためのYAML疾走(shスクリプト補完あり)

仕事の関係で新発売となったトランセンドのMP860を入手した。先週商品スペックを見させていただいて、今まで専用ソフトによる動画フォーマットが必要だったのが、FLVそのまま見れる、という惹句に文字通り惹かれた。おりしも、MacBookSSD化して、Leopardクリーンインスコ後、PlaggerやらFFMpegやらを投入し、先陣の作成した動画レシピも稼働することを確認したところ。楽曲との関係からMacBookとiPodの同期はおこなっていないが、このMP860をYouTube閲覧マシンにしてしまおうじゃないかといきりたった。
  1. YouTubeをYahoo!ブックマークで捕まえる(はてなでも可)。ダウンロード用のタグを適当に用意する。
  2. FindしてFetchる。
  3. FFMpegにてエンコードかける。
global:
  log:
    level: debug
  timezone: Asia/Tokyo
  cache:
    base: /Users/taraco/Documents/Magic Briefcase/yaml
  assets_path: /Users/taraco/Documents/Magic Briefcase/assets
plugins:

  - module: Subscription::Config
    config:
      feed:
          - url: http://bookmarks.yahoo.co.jp/rss/taraco/tag/trailer

  - module: Filter::AtomLinkRelated

  - module: Filter::FindEnclosures

  - module: Filter::FetchEnclosure
    config:
      dir: /Users/taraco/Movies
    rule:
      module: Deduped
      path: /Users/taraco/Documents/Magic Briefcase/yaml/cache/u2b_trailer.db

  - module: Filter::FFmpeg
    config:
      command: /opt/local/bin/ffmpeg
      dir: /Users/taraco/Movies/trailer
      encoding: utf8
      filename: %t.mp4
FFMpegのところのOptionsがこんなに簡単でインカ帝国、と思われると思うが、そう、これではダウンロードしてもMP860で再生できない ((キーワードリンクが働いているところについては勘弁してください。リンク類は適当に無視していただければ幸いです))。MP860は320×240のFLVファイルのみ閲覧できるということだが、動画フォーマット、音声フォーマットがどうやらキモの可能性が高く、いろいろとOptionsをYAML内でいじってみたものの、うまく再生できない。残念だが、Filter::FFMpegはファイルの移動くらいの気持ちで使用して、別にbashスクリプトを用意した。
#! /bin/bash
#

dir=/Users/taraco/Movies/trailer
for i in $dir/*.mp4
do
 n=`basename $i | cut -d. -f1`
 /opt/local/bin/ffmpeg -y -i $i -coder 0 -level 13 -ac 2 -ar 44100 -s 320x240 -vcodec flv -vb 400k -acodec libmp3lame -ab 128k $dir"/"$n".flv"
done
ひとまず、これで作成されたFLVはMP860で稼働できたよ。しかしFilter::FFMpegで操作できないのはなんなんだろうな。そもFFMpegってレジュームっていうか以前におこなったエンコードコマンド覚えているとか、そういうことあるのかな。あと気になっているのがデフォルトipod、PSPの二種に対応させているというあたりか。このあたりの設定まで潜らないとどうにもならないんだろうか。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

v class="span-24">
Powered by WordPress | Designed by: video games | Thanks to Trucks and SUV