40男の観たかった宮崎(+大塚)アニメの世界>「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」

前作「ヘルボーイ」を見ていないのだが、昨年どうにかこうにか早稲田松竹で突入した「パンズ・ラビリンス」の監督ギレルモ・デル・トロの「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」に突入。 前作を観に行かなかった理由は特になく、気づいたら終わっていた。 gorillaimohboy あまりにベタなタイトルで、既に書かんとしているところも想像がついてしまって申し訳ないが、大地がどうしたの、成長がどうしたのといった形而上学的な話の前にフィジカルな物語を描いていた宮崎駿の世界を思い出しました。もろ時計塔の戦いもあるしね。ってことでジョドーレッドでも描こうかと思ったら、東京ムービー(トムス・エンタテインメント)のほうが色濃く出てしまって、ヘルボーイ=ゴリライモに流れてしまった ((同じ東京ムービーでも、ルパン3世第2シーズンのチームと宮崎駿・大塚康生がどんな関係だったんだろうか。))。セルマ・ブレアはもちろんモグラで描く予定。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

v class="span-24">
Powered by WordPress | Designed by: video games | Thanks to Trucks and SUV