ジェマ・アータートン、生まれたときは指が6本あった

ジェマ・アータートン、生まれたときは指が6本あった – シネマトゥデイ

ジェマは雑誌「エスクワイア」の中で、「少しだけ、人と違っている部分があって誇らしかったの」とコメント。6本目の指は手術で切り取られたが、ジェマの手にはそのときの傷がまだ残されているそう。

虎眼の血を引く娘が西洋黒鍬者映画に登場するとは喃。そのまま6本指であれば流れ星を扱えただろうに。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

v class="span-24">
Powered by WordPress | Designed by: video games | Thanks to Trucks and SUV
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。